蓮 朋龍


運命学・四柱推命で
人物鑑定を生業とさせて頂いております。

多々悩まれていることの
根本に何があるのか?

そしてその悩まれていること、
そしてその瞬間が人生の
どこで生かされ意味あるものとなるのか?

その全てを紐解くカギとなる
この四柱推命の研究と理解に
日々向き合っております。

人生のあらゆる局面で
一喜一憂されることなく、
その瞬間瞬間を有意義に
生きられる知恵となることを
願っておりますし、
それと共に四柱推命の理解が
深まりましたら
幸いに思っております^^

記事一覧(48)

各鑑定のお支払い方法の変更【重要】

2019年「己亥」の運気が意味するところ

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。今年は「己亥」の年回りとなります。(正確には2月4日より切り替わります。)人それぞれが持つ四柱推命式との関りによりその作用や影響は変化致しますが、「己」には自然が生み出す「大地」の意味があり、「亥」には水脈のエネルギーの意味があるため、基本的には「肥沃な大地、田園」を象徴します。水分を含んだ土地である「肥沃な土地、田園」には何かや誰かを知識や経験を基に育てるという性質があります。そのため特に人間関係においては周囲との関わり合いの中で多くを学ぶために吸収や習得が課題となります。時には良からぬアクシデントや失敗を経験させられそれだけを見ると悪い運であると感じることもあるかもしれませんが、そこで得る知識や知恵が今後の人生のカギとなることがこの年回りの意義となるため、ネガティブに捉えるのではなくそれをどう生かすか?を考える必要があります。田園は触れれば汚れますし濁りますが、そこには命を育むための栄養や養分があるわけですし人はそこから得られる作物を食することから生きることができるわけですから、社会生活の中においても一見、自分にとって何の利得も感じられない出来事に遭遇したとしてもそれが人格を育むための肥やしになっていることが理解できれば、何ものも無駄なことはないと実感できることでしょう。今年、「己亥」の年回りを人生の中で清濁併せてより高みの人格形成の場であると捉えて日々の生活に注目されて欲しいと心から願います。改めて今年もよろしくお願い致します。皆様の更なる成長を切に祈っております^^

年末年始のお休みについて

『心は何もかも知っている』